安心して家族で通える 痛みの少ない地域に密着した茅ヶ崎の歯医者

  • 土日診療
  • キッズルームあり
  • 駐車場完備
  • 充実した設備・機器
  • 各種保険取り扱い
茅ヶ崎デンタルクリニック
  • 0467-33-6258
  • 24時間WEB予約

当院の院内感染対策

当院の院内感染対策

当院はスタンダードプリコーション(標準予防策)を取り組んでいます。
「あらゆる人の血液、すべての体液、汗以外の分泌物、排泄物、損傷のある皮膚、および粘膜には感染性があると考えて取り扱う」という考え方を前提とした感染予防策です。

歯科に関しては

1. 手指衛生

2. 個人防護具(マスク・ゴーグル・グローブ)
(必要に応じてガウン・フェイスシールド)

3. 歯科医療器具・器材の洗浄・消毒・滅菌

4. 環境整備

が主な感染予防対策となります。

またスタンダードプリコーションに加えて感染経路別対策にも取り組んでいます。

感染経路別対策とは

●空気感染
●飛沫感染
●接触感染

の3つがあります。

空気感染

飛沫核感染とも表現され、病原体を含んだ飛沫が乾燥してさらに微小な(5㎛以下)飛沫核となり空気中に浮遊し、それを吸入することにより感染します。

飛沫感染

感染患者のくしゃみ、咳、会話などで放出された病原体を含む飛沫(5㎛以上)が口腔粘膜、鼻粘膜結膜などに付着することにより感染します。

※エアロゾル感染とは

気体中に浮遊する微小な液体または固体の粒子による感染のことで空気感染・飛沫感染を包含しているものです。
歯科は切削の必要な治療が多いため、これらの感染対策も必要となってきます。

接触感染

直接接触感染

感染者から微生物が直接感染します。

間接接触感染

微生物に汚染した物や人を介して感染します。

当院の取り組み

  • 患者さん毎にユニットチェア・スピットン(うがいするところ)を消毒しています。
  • 全ての器具器材は患者さん毎に滅菌・消毒を行なっています。
  • 患者様ごとにグローブは交換しています。
  • 洗浄滅菌できない口腔内カメラやレジン照射器などははディスポーザブルのカバーを使用しています。
  • マスク・ゴーグルは常に着用しています。(必要に応じてガウン・フェイスシールドの着用)
  • 定期的に待合室のチェア・トイレ・カウンター・キッズスペースを消毒しています。
  • 定期的に窓を開放し空気の換気をしています。

滅菌と消毒の使い分け

カテゴリー定義処理歯科器具器材
クリティカル通常無菌の組織や血管に挿入されるもの滅菌手術器材、スケーラー、バー、ポイント、穿刺・縫合など観血的な処置に使用される器材 など
セミクリティカル損傷の無い粘膜および創傷のある皮膚に接触するもの高水準消毒または中水準消毒印象用トレー、口腔内用ミラー、咬合紙ホルダー など
ノンクリティカル損傷の無い皮膚と接触するもの洗浄または低水準消毒チェアーユニット、無影灯、X線撮影用装置、診察台 など

※横にスクロールできます。

滅菌と消毒の工程

当院の消毒・滅菌機器

高圧蒸気滅菌器 ハイオートクレーブ

洗浄・消毒した器具器材を高圧蒸気にてほぼすべての細菌・ウイルス滅菌します。

切削器具(タービン・コントラ)専用
洗浄滅菌装置

ルブリナ2

切削器具の中を洗浄します。

I clave mini

洗浄した切削器具を高圧蒸気で滅菌します。

環境整備のための設備

メディカルライトエアー
〜高度医療用空気清浄機〜

診察室に入って上に装着してあります。

治療中に発生する目に見えない物質や、 来院される患者様が外部から持ち込む様々な有害物質が院内には浮遊しています。時にそれは治療の妨げや、患者様への不安要素となる場合があります。

メディカルライトエアーは光触媒を搭載し理想的な空気に浄化してキレイな院内空気環境をお届けします。

フリーアーム・アルテオ
〜口腔外サクション〜

歯を削った飛沫粒子を口腔内で用いる吸引装置(口腔内バキューム)で吸引しきれなかった浮遊物質を再度吸引することで院内に飛沫するのを防ぎます。

当院では、診察台に対して一台ずつ完備しています。
診療中、大きな音が鳴りますので、ご了承ください。

すべての患者様が
安心して来院できるためのお願い

当院としてできる限りの感染予防は行なってまいりますが、みなさんのご協力が必要となります。

  • 来院されたら手洗い・うがい・アルコール手指消毒をお願いします。
  • お待ちいただいている時はできるだけマスクの着用をお願いします。
  • 咳エチケットにご協力ください。
  • 体調が悪い場合はご連絡ください。